古くて新しい風呂敷
活用方法

過剰包装、と言う言葉をご存知でしょうか。
中身をさておいて、大変立派に包装をし、過剰演出するものです。

豪華な見た目に反し、中身が小さくてがっかり、と言う
経験をお持ちの方、少なくないはずです。

再利用できるような包み紙や箱であればまだ良いかもしれませんが、
大抵はシールの跡や店名が入っていたりと、1回きりになってしまうため
もったいない、と思われるのではないでしょうか。

見た目

そこで、ちょっと粋でかっこ良く、
他の方との差別化もばっちり。
風呂敷の、ラッピングとしての活用方法を
ご紹介いたします。

お品を包装紙で包むと、いくらきれいな紙でも、贈られた方が
はがした後は、ただただゴミとなるばかりです。これは仕方のないことです。

これを、風呂敷に担っていただきましょう。
四角いものはもちろん、とんでもない形のものも
風呂敷なら上手に簡単に包んでしまえます。

まん丸のボールも、お酒のビンも、ぬいぐるみも、衣類も。
お品を守り、かつきれいに包みます。

しかも、風呂敷ごと差し上げれば、プレゼントは2つです。
何にでも使ってもらえるものですから、無駄になることもありません。

ラッピングとしても、色、柄が豊富にあるので、
ステキなものを使えばリボン要らずです。

プレゼント

お友達やお子さんへのプレゼントに、使ってみてください!



Copyright(c) 2011-2017 風呂敷を問屋で購入するメリット All Rights Reserved.