古くて新しい風呂敷
模様

風呂敷の模様は、古典調のものから現代のデザインのものまで
いろいろな柄も販売されていて、好みに応じて自由に楽しめるのが
魅力であり風呂敷の寛大な点だといえます。

まず、風呂敷といえば古典柄は、うさぎ、鶴亀、桜、猫、ふくろう、
唐草など吉祥文様があります。それぞれに由来がありそれを理解した上で使えば
より楽しみが増えるのではないでしょうか。

結ぶための工夫

風呂敷と言えば真っ先に誰もが思い浮かべるのが有名な
唐草模様ですが、そうは言ってもイメージに近いのは、
泥棒が盗んだものを運ぶときに使う柄…というところ
ではないでしょうか。

実は唐草模様は、誰もが使っているかなり一般的な柄だったのです。
これは四方八方に伸びているデザインになっていますので、
永遠に伸び続けていく生命力を表現しています。

願う

そのため、長寿や子孫繁栄を願った模様だと
言われています。

その他にも、いろいろな模様がありそれぞれに
開運招福や商売繁盛、合格祈願、夫婦円満などの意味が
込められていますので、購入する時には見た目のデザイン
だけではなく、それぞれの風呂敷の模様の意味合いを
知った上で購入すると、より愛着を感じて
使えるようになるのではないでしょうか。



Copyright(c) 2011-2017 風呂敷を問屋で購入するメリット All Rights Reserved.