古くて新しい風呂敷
オリジナル

おしゃれな使い方

何もかもが便利になり、簡単に欲しいものが手に入る時代。
だからこそなのか、“物作り”が再度重視されてきています。
こういう時代だからこそ、高価で綺麗な物よりも、時間をかけて
一生懸命作られた物が喜ばれるのかもしれません。

毎年粗品を作る、と言う方は、商売をなさっているのでしょうか。
お世話になっている方へ、と言う感謝の気持ちを込めた品を
お考えの方が多いのだと思います。

エコブームから、日本伝統の風呂敷には注目が集まっています。
新しく粗品をお作りになるのであれば、オリジナル風呂敷を
作ってみるのはいかがでしょうか。

風呂敷が見直され、様々に新しい使い方が開発されており、
今はむしろ、若い方が使っているものでもあります。

若い人

結び方を工夫してハンドバッグみたいにしたり、また
買い物のときのレジ袋の代用として、畳んでカバンに
入れている方もいらっしゃいます。

人目に触れる使い方だけではなく、旅行カバンの整理に使ったり、
バッグインバッグとして、ポーチのように使う方もいらっしゃいます。

素材が幅広く、化繊から綿、ウール、絹など、費用や好みで
選べますし、色、柄なども好きなもので作ることができます。

もちろん、名入れ、ロゴ入れもOKです。
ステキなものをお作りいただき、お客様へお配りしましょう。

あって困るものではありませんので、喜んで使っていただけると思います。



Copyright(c) 2011-2017 風呂敷を問屋で購入するメリット All Rights Reserved.